老人性イボを取る方法「液体窒素」

老人性イボの治療は、液体窒素が一般的で、大きさや数によっては、数回通って治療を受ける必要があります。

液体窒素を使った老人性イボ治療は、イボの部分に液体窒素をあてて、患部が火傷を起こしたような状態にして、水膨れがかさぶたのような状態になれば、かさぶたと一緒にイボがとれるという仕組みになっています。

この治療法は、火傷のような状態になって、かさぶたができ、肌の新陳代謝が必要となるため、1ヶ月周期で行われています。

また、液体窒素で一度に老人性イボを除去することは難しく、3ヶ月から1年程度の期間が必要になる場合があります。

老人性イボは、皮膚の廊下によって、新陳代謝が低下していることが主な原因で、肌のメラニン色素なども蓄積されやすくなってしまいます。

こういった肌の新陳代謝の低下が長期にわたって発生することで、老人性イボができてしまいます。

このイボは、良性のできものなので放置していても問題はありませんが、色が濃くなったり、数が増えていくことがあるので、早めに治療を行った方が良いでしょう。

液体窒素を使った治療のメリットは、健康保険が適用されるため、治療費を安く抑えることができます。

また、特別な器具が必要な治療ではないので、ほとんどの病院で受けることができ、治療時間も短時間ですむというメリットがあります。

ただ、強い痛みを伴い、色素沈着をおこしやすいというデメリットがあるので、予算や患部の状態を見て、医師と相談するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です