老人性イボができる原因はなに?

老人性イボという名称は受け入れにくいですが、老人性イボが出来る原因は主に乾燥です。

遺伝による場合も多く、まだ若い20代から30代の方でもできます。

目立つ場所にできると嫌な気持ちになりますね。

紫外線があたる場所にできやすいですが、胸や脇など、そうでない場所にもできます。

予防法は紫外線にあまり当たらないようにすること、乾燥させないように保湿をすることです。

老人性イボのある場所に保湿クリームでくるくると指の腹をまわすようにマッサージをし続けていると、知らないうちに取れているということがありますから、頑張ってやってみましょう。

また、ビタミンCを摂るために果物をたくさん食べたり、サプリ等を利用するとよいでしょう。

肌のトラブルはたいてい乾燥が原因としてあります。

湿疹もまた、乾燥から始まります。

肌を清潔にして保湿をすることがいかに重要かがわかります。

老人性イボの治療としては液体窒素で凍らせて取るやり方が主流です。

皮膚科でやってくれますが、週に一度を数回、通わなければならないこと、やってもらっているときも、その後数時間程も、強く痛みを感じること、完治するまではいぼが黒く変色することなどを知っておいてください。

きれいにすっきり跡形もなく取れますが、老人性イボはできやすい体質の人も多く、一つとってもまた違う場所にできてしまうことがよくあります。

そうならないためにも、日ごろからのお手入れや食生活などに気を配りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です